MENU

かいぼりQ&A

かいぼりについてのよくある疑問にお答えします。

かいぼりってなんですか?
かいぼりとは、日本の伝統的な溜め池の管理方法のことです。稲作を終えた秋季から冬季にかけて、池の水を抜いて、池の破損箇所の点検や泥さらい(貯水容量の回復)などを行います。農業で使う大切な水を維持することが、一番の目的です。
しかし最近、都市部、公園、神社、お寺などの池では、水質の浄化や外来種の駆除などを目的としてかいぼりが行われることも多くなってきています。
かいぼりをやるのにどんな手続きが必要ですか?
最低でも下記3つは必要です。

  • 池の所有者の同意
  • 特別採捕許可の取得(都道府県の漁業などを扱う部署に問い合わせます)
  • 池の水を排水する河川、用水路などの管理者への連絡

もし特定外来生物が捕獲され、これを生きたまま移動させる必要がある場合などは、環境省に防除実施計画や防除申請を提出し、事前に許可を得ておく必要があります。
またこれに加え、地域で活動している自然保護団体や周辺住民などとの間で、かいぼり実施に関しての合意を得ておきましょう。

かいぼりにはお金がかかりますか?
かいぼりの目的や池の形状などによって大きく変わってきます。一般的には以下の経費がかかります。

  1. 池の水を抜く道具のレンタル代(水抜きポンプ、発電機など)
  2. 泥掃除の重機・道具の使用代(バキュームカー、高圧洗浄機など)
  3. 生きもの捕獲を行う道具の購入費用(タモ網、タライ、エアポンプ、胴長など)
  4. 生物捕獲を行う作業の準備、当日の捕獲イベント運営費(テント設営、道具準備、ボランティアコーディネートなど)
  5. 池の水が戻るまで在来種を飼育しておくための道具代(簡易プール、水槽、エアポンプなど)
  6. 上記1~5について作業を行う人に支払う人件費
外来種は駆除しないといけないのですか?
かいぼりの目的にもよりますが、地域の生態系や生物多様性を守るためには、駆除を行う必要があります。特に、侵略性の高い種、遺伝子汚染を引き起こす種等の駆除は重要です。

お問合せ

NPO birthでは、楽しく、正しいかいぼりの実施をお手伝いいたします。

かいぼり・池の水抜きでお困りの際には、ぜひご連絡ください。