MENU

在来種カテゴリー記事の一覧です。

ミゾフラスコモ

ため池などに生育する藻(車軸藻類)のなかま。環境省レッドリストで絶滅危惧I類の希少種である。都立狭山公園の宅部池にて、2016年にかいぼりを行った後に確認した。底泥の中で眠っていた胞子が発芽したものと考えられる。東京都ではこれが初めての記録である。

イネネクイハムシ

水草を食べるネクイハムシの一種。体長6mm。横須賀の公園に植えられたアサザで多数の個体が見つかった。千葉県では絶滅危惧Ⅱ類の希少種。ネクイハムシ類は、虫屋にとっては心躍る虫である。

イシガイ

真水に生息する二枚貝のなかま。汚れた水をきれいにしてくれる。ヌマガイと同じく、タナゴの産卵母貝や環境指標としても重要な存在である。東京都内では、まだ一例しか生息確認がされていない。

ヌマガイ

真水に生息する二枚貝のなかま。汚れた水をきれいにしてくれる。タナゴの産卵母貝や環境指標としても重要な存在である。千葉市の泉自然公園では殻長32cmの巨大な個体が見つかった。

ニホンスッポン

カメの一種だが甲羅がやわらかい。警戒心が強く、あっという間に砂や泥に潜ってしまう。自然豊かな公園から新宿のような大都会まで、広く生息していることがわかってきた。ただし、自然分布なのか、人が放したのかは不明である。

ニホンイシガメ

日本固有種の美しいカメ。移動性があり、春から夏は湿地や田んぼで餌を食べ、秋から冬は川や池に移動して過ごす。海外でペットとして人気が高く、乱獲される例が増えている。また、外来種のクサガメと交雑して雑種になるため、純粋なイシガメを守っていくためにはクサガメの防除が必要である。

ニホンウナギ

日本人にはとてもなじみ深い魚。海と川を行き来して暮らしているが、河川護岸などによる生息環境の悪化や、食用にするための乱獲によって数が少なくなっている(環境省レッドリストで絶滅危惧IB類)。海に近い池では、複数の個体がまとまって捕れることもある。

カワアナゴ

ツートンカラーが魅力的な魚。河川下流域に生息する種だが、写真個体は都心のため池で見つかった。体長25cm の大きな個体だった。ペット放流個体かもしれない。

ヌマチチブ

頬の白い斑点が特徴的なハゼの仲間。縄張り意識が強く、侵入者には容赦のない攻撃を行う。河川の中流域から汽水域まで幅広い環境に生息し、水質汚染に強いので汚れた川などでも見られる。

ヨシノボリ類

愛嬌のある顔をしたハゼの仲間で、日本全国にさまざまな種類が生息している。見た目は似ているものが多く、種の同定は難しい。一部には、まだ正式な学名がついていないものもいる。多くは雑食性で、水生の小動物や藻などを食べる。

古い投稿ページへ

お問合せ

NPO birthでは、楽しく、正しいかいぼりの実施をお手伝いいたします。

かいぼり・池の水抜きでお困りの際には、ぜひご連絡ください。